コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原兼房 ふじわら かねふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原兼房 ふじわら-かねふさ

1899-1977 昭和時代の刀工。
明治32年2月9日生まれ。兼房23代。美濃(みの)(岐阜県)の関伝(せきでん)日本刀の伝統をまもりつづけるとともに,昭和28年藤原兼房利器製作所を設立。刃物製品の生産をはじめ,関市の刃物産業の基盤をつくった。昭和52年7月1日死去。78歳。岐阜県出身。本名は加藤鉀一(こういち)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原兼房の関連キーワード藤原 兼房(23代目)道誉(1)昭和時代出羽弁刀工

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤原兼房の関連情報