出藍の誉(読み)しゅつらんのほまれ

日本大百科全書(ニッポニカ)「出藍の誉」の解説

出藍の誉
しゅつらんのほまれ

青色染料(あい)を原料としてとるが、もとの藍よりも濃い色になるところから、教えを受けた人が教えた人よりも優れることをいう。弟子師匠よりもぬきんでることのたとえで、「青は藍より出(い)でて藍より青し」ともいい、「氷は水より出でて水より寒し」というも同意である。『荀子(じゅんし)』「勧学篇(へん)」に、「を以(もっ)て已(や)むべからず。青は藍より出でて藍より青し。氷は水これをなして水よりも寒し」とある。

[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android