出血熱(読み)しゅっけつねつ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

出血熱
しゅっけつねつ

多くの重篤な感染症において出血傾向がみられるが、とくに出血熱という場合はウイルス性出血熱または流行性出血熱のことを意味する。ウイルス性出血熱としてはラッサ熱マールブルグ熱エボラ出血熱クリミア‐コンゴ出血熱デング熱がよく知られているが、前四者は感染症予防・医療法(感染症法)では1類感染症に、デング熱は4類感染症に分類されている。そのほか、日本でも発生がみられる腎(じん)症候性出血熱(韓国型出血熱)がある。すでに世界各地で流行性出血熱とよばれている疾患はそれぞれ臨床症状が類似し、ウイルス血清学的に同一ないし近縁の疾患と考えられている。いずれも感染源としてウイルス保有齧歯(げっし)類(リス、ラット、マウスなど)の排泄(はいせつ)物が考えられており、日本の大学実験室でもその発生がみられている。[松本慶蔵・山本真志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出血熱の関連情報