コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出雲清孝 いずもの きよのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出雲清孝 いずもの-きよのり

?-1343 南北朝時代の神職。
出雲孝時(のりとき)の跡をつぎ,建武(けんむ)元年出雲国造(くにのみやつこ),杵築(きづき)(出雲)大社神主となる。康永2=興国4年死去。死後,国造職をめぐり弟の孝宗(のりむね)と貞孝(さだのり)が対立,出雲国造家は千家(せんげ)家と北島家に分裂した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

出雲清孝の関連キーワード南北朝時代北島貞孝

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android