コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出雲清孝 いずもの きよのり

1件 の用語解説(出雲清孝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出雲清孝 いずもの-きよのり

?-1343 南北朝時代の神職。
出雲孝時(のりとき)の跡をつぎ,建武(けんむ)元年出雲国造(くにのみやつこ),杵築(きづき)(出雲)大社神主となる。康永2=興国4年死去。死後,国造職をめぐり弟の孝宗(のりむね)と貞孝(さだのり)が対立,出雲国造家は千家(せんげ)家と北島家に分裂した。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

出雲清孝の関連キーワード洞院公賢祇園執行日記2010年参院選本門寺ビチレブ島神皇正統記ピサ市河興仙上杉清子菊池武光

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone