本門寺(読み)ほんもんじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本門寺
ほんもんじ

東京都大田区池上本町にある日蓮宗大本山山号は長栄山大国院。通称は池上本門寺日蓮入寂の霊跡として有名。日蓮入寂ののち池上宗仲が本寺を創建し,のち日朗が伽藍を営んだ。江戸時代には徳川家康,秀忠らの保護を受けて栄えた。たびたび火災にあったがその都度復興されており,慶長 12 (1607) 年建立の五重塔が残っている。また 10月 11,12,13日のお会式 (→会式 ) は有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほんもん‐じ【本門寺】

東京都大田区にある日蓮宗の寺。日蓮宗四大本山の一。山号は、長栄山。文永11年(1274)池上宗仲の宅を寺としたのが始まりで、日蓮の命名。日蓮はここで入滅。池上本門寺。
静岡県富士宮市北山にある日蓮宗の霊跡寺院。山号は、富士山。永仁6年(1298)に日興が創建。富士門流の拠点。北山本門寺。
静岡県富士宮市西山にある日蓮宗系の単立宗教法人の寺。山号は、富士山。興国4=康永2年(1343)北山本門寺第2世の日代が当地に移り開創したもの。西山本門寺

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

本門寺【ほんもんじ】

東京都大田区池上にある日蓮宗本山。日蓮が1282年に没した池上宗仲の館を1291年寺院とし,1317年日朗が伽藍(がらん)を営んだ。江戸時代には徳川家康・秀忠の外護,加藤清正の祖師堂寄進などがある。1710年全焼。徳川吉宗の外護により復興。例年10月12,13日の御会式(おえしき)は盛大。→会式
→関連項目日蓮宗

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

本門寺

東京都大田区にある寺院。日蓮宗大本山。山号は長栄山。1282年の日蓮上人入滅の地。池上宗仲が寄進した土地につくられたことから「池上本門寺」ともいう。五重塔、宝塔は国の重要文化財に指定。

本門寺

静岡県富士宮市にある寺院。日蓮宗の霊跡寺院で、北山本門寺、重須(おもす)本門寺とも呼ばれる。山号は富士山。1298年、日蓮門下の日興が創建。日蓮宗七大本山のひとつ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほんもんじ【本門寺】

東京都大田区にある日蓮宗の大本山。山号は長栄山。通称を池上本門寺という。日蓮示寂の地に建てられた寺院。すでに日蓮示寂以前に建立されたと伝えるが,その確証はない。日蓮は1282年(弘安5)病身を常陸の温泉で療養すべく甲斐身延山を下りるが,病状が進んでこれを果たせず,武蔵池上郷在住の信奉者池上宗仲の館に滞在,ここで没した。おそらく,池上氏の館内にあった法華堂を,日蓮示寂の場として寺院化していったものと考えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほんもんじ【本門寺】

東京都大田区池上にある日蓮宗の大本山。山号、長栄山。日蓮宗四大本山の一。日蓮入寂の地。1274年鎌倉幕府の工匠池上宗仲が自邸を寺としたもの。開基は日朗。池上本門寺。
静岡県富士宮市北山にある日蓮宗の大本山。山号、富士山。1298年日興の開基。大石寺とともに日興門流の正統として栄えた。北山本門寺。
静岡県富士宮市西山にある日蓮系単立宗教法人の寺。山号、富士山。西山本門寺ともいう。北山本門寺第二世の日代が1343年に創建。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本門寺
ほんもんじ

東京都大田区池上本町にある日蓮(にちれん)宗大本山。四大本山の一つ。山号は長栄山。通称を池上本門寺という。1276年(建治2)池上宗仲の邸内の持仏堂を、宗長・宗仲の兄弟が法華(ほっけ)堂(いまの大坊(だいぼう))に改めたのが起源で、82年(弘安5)9月持病を治療するために身延(みのぶ)山を下りた日蓮はここに滞留して長栄山本門寺と命名したのが開基。日蓮は同年10月13日ここで入滅した。1309年(延慶2)日朗が池上本門寺、鎌倉比企谷(ひきがやつ)妙本寺を日輪に、下総(しもうさ)国平賀(ひらが)(千葉県松戸市)の本土寺を日伝に譲ってから、74代日慎が1941年(昭和16)に比企谷にも専任住職を置くまでは池上、比企の両寺は一主制であった。45年5月の第二次世界大戦の空襲で日蓮真筆遺文、日蓮木像、総門、五重塔(国重要文化財)、経蔵、荼毘(だび)所を除いて焼失したが、1964年(昭和39)大堂を建立、その後、本殿、仁王門、御廟(ごびょう)所などを復興した。10月12日夜に行われる御会式(おえしき)には、徹夜の説法があり、信者は万灯(まんどう)を掲げ、団扇(うちわ)太鼓を鳴らして参拝する。[浅井円道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の本門寺の言及

【御会式】より

…御影供(みえいく),御影講(みえいこう)ともいうが,とくに〈御命講(おめいこう)〉(大御影供がなまってオメイクとなる)と称して,弘法大師忌の御影供と区別している。日蓮入寂の地である東京都大田区池上の本門寺と,杉並区堀ノ内の妙法寺の御会式はもっとも盛んである。本門寺の御会式(10月11日から3日間)には,夜,花で飾った万灯を押し立て,団扇(うちわ)太鼓を打ち鳴らし,題目を唱えた信者が群参する。…

【日朗】より

…82年(弘安5)日蓮は本弟子として6人(六老僧)を指定したが,日朗もその一人に加えられた。日蓮の信奉者であった武蔵池上の池上氏と親しく,日蓮は池上氏の館で没したが,この地にやがて本門寺が創建され,日朗はこれを主管して,鎌倉比企谷(ひきがやつ)の妙本寺とともに,東国に師の教えを広める拠点とした。弟子の育成にも努め,人材を輩出させた。…

※「本門寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本門寺の関連情報