コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刀利宣令 とりの みのり

5件 の用語解説(刀利宣令の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

刀利宣令 とりの-みのり

とりの-せんりょう

刀利宣令 とりの-のぶよし

とりの-せんりょう

刀利宣令 とりの-せんりょう

?-? 奈良時代の学者,歌人。
渡来系氏族の出身。養老5年(721)詔により東宮(のちの聖武(しょうむ)天皇)につかえる。「万葉集」「懐風藻(かいふうそう)」に作品がある。正六位上,伊予掾(じょう)となり,神亀(じんき)(724-729)のころ59歳で没したとされる。姓は土理,刀理ともかく。名は「のぶよし」「みのり」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

刀利宣令

生年:生没年不詳
7世紀末から8世紀前半の官人,文人。万葉歌人。姓は土理,刀理とも書く。渡来系氏族の出身で,大学寮で学んだのち官界に入ったらしく,官吏登用試験に応じた和銅4(711)年の対策文が『経国集』に収められている。生涯を下級の官人として送ったが,文学の才に秀でていたようで,養老5(721)年には,詔により公務の終了後,東宮(のちの聖武天皇)に仕えて,その相手となるよう命じられた。『懐風藻』『万葉集』に詩歌各2首が残っている。長屋王とも親交があった。神亀年間(724~29)に59歳で死去した。ときに正六位上,伊予掾であった。

(東野治之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とりのみのり【刀利宣令】

奈良時代の文人,歌人。生没年不詳。刀理,土理とも書き,名は〈のぶよし〉,〈せんりょう〉とも読む。百済系の渡来氏族と思われる。711年(和銅4)対策に及第。721年(養老5)東宮(のちの聖武天皇)に侍す。時に従七位下。養老から天平初頭に至る長屋王時代に詩人,歌人として活躍した。正六位上伊予掾に至り,59歳で没した。《懐風藻》に詩2首,《経国集》に対策2首,《万葉集》に短歌2首が残る。【後藤 昭雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の刀利宣令の言及

【刀利宣令】より

…奈良時代の文人,歌人。生没年不詳。刀理,土理とも書き,名は〈のぶよし〉,〈せんりょう〉とも読む。百済系の渡来氏族と思われる。711年(和銅4)対策に及第。721年(養老5)東宮(のちの聖武天皇)に侍す。時に従七位下。養老から天平初頭に至る長屋王時代に詩人,歌人として活躍した。正六位上伊予掾に至り,59歳で没した。《懐風藻》に詩2首,《経国集》に対策2首,《万葉集》に短歌2首が残る。【後藤 昭雄】…

※「刀利宣令」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

刀利宣令の関連キーワードカジュラーホメレンゲ植山古墳阿倍安麻呂巨勢宿奈麻呂司馬曹達田辺史調淡海山田御方メトネル

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone