コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分子素子 ぶんしそしmolecular devices

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分子素子
ぶんしそし
molecular devices

分子レベルで高度な集積度をもった素子をいう。分子レベルにメモリ機能をもたせることにより,現在のシリコン中心とした ICの高密度集積化技術の限界をこえた,次世代デバイスの中心になるものと期待されている。特に有機分子については,バイオチップバイオエレクトロニクスなどと関連して大きな可能性を秘めており,研究開発が急速に進められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

分子素子【ぶんしそし】

分子1個レベルで,メモリースイッチングセンサーなどの機能を持つもの。現在主流となっているシリコンを主役としたICの集積化には限界があることがわかっており,その壁を打ち破るものとして期待されている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

分子素子の関連キーワードラングミュア第5世代コンピューターATPアーゼ井口洋夫電子伝達

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android