コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分子素子 ぶんしそし molecular devices

2件 の用語解説(分子素子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分子素子
ぶんしそし
molecular devices

分子レベルで高度な集積度をもった素子をいう。分子レベルにメモリ機能をもたせることにより,現在のシリコンを中心とした ICの高密度集積化技術の限界をこえた,次世代デバイスの中心になるものと期待されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

分子素子【ぶんしそし】

分子1個レベルで,メモリースイッチングセンサーなどの機能を持つもの。現在主流となっているシリコンを主役としたICの集積化には限界があることがわかっており,その壁を打ち破るものとして期待されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

分子素子の関連キーワード一般製品レベル期待製品レベル分子遺伝学高級事務レベル三次元回路素子光デバイスMOSIC集積度立体半導体レベル飛行

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

分子素子の関連情報