コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切れ込む キレコム

デジタル大辞泉の解説

きれ‐こ・む【切れ込む】

[動マ五(四)]
切れ目が物の中に深く入り込む。「海岸線が深く―・んでいる」
その方向へ入り込んでいく。
「往還から横に―・み」〈蘆花思出の記
収支決算赤字になる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きれこむ【切れ込む】

( 動五[四] )
深いところまで切れ目が入り込んでいる。 「深く-・んだ尾根」
ある方向へ入り込む。 「草原へ-・む、双六岳の崖の下まで来ると/日本北アルプス縦断記 烏水

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

切れ込むの関連キーワードヤブレガサウラボシ(破れ傘裏星)キンレイカ(金鈴花)オミナエシ(女郎花)ヤブレガサウラボシマニホットゴムノキダンドボロギク無花果・映日果トウフジウツギオオカサモチホウライシダマツムシソウミノカサゴクサソテツツクシゼリヤブレガサオオチドメオサバグサセリ(芹)タシロイモアベリア

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

切れ込むの関連情報