切込(きりごめ)焼

デジタル大辞泉プラスの解説

切込(きりごめ)焼

宮城県加美郡加美町発祥の焼き物江戸時代には隆盛を極め、染付磁器などが多くつくられたが生産が途絶えた。近年、町おこし事業として再興されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

切込焼[陶磁]
きりごめやき

東北地方、宮城県の地域ブランド。
加美郡加美町で製作されている。江戸時代後期から明治時代初期まで加美町切込地区を中心に生産されていた陶磁器。江戸時代末期に全盛を迎えたが、明治時代初期には廃絶した。現在、加美町で再興されている。白地に藍色で模様を描いた染付磁器がその大半を占め、簡素で素朴な魅力がある。宮城県伝統的工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる