刑辟(読み)けいへき

精選版 日本国語大辞典「刑辟」の解説

けい‐へき【刑辟】

〘名〙
① (「辟」は刑、法の意) つみ。とが。また、刑罰。
※授業編(1783)一〇「臣民のいみ避よく誤り侵して刑辟(ケイヘキ)におつる者なからんが為なるべし」 〔春秋左伝‐昭公六年〕
② (「辟」は法の意) 刑法。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「刑辟を犯したるもの、皆選権なし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android