初姿(読み)ハツスガタ

デジタル大辞泉の解説

はつ‐すがた【初姿】

新年の装いをした姿。
初めての装いをした初々しい姿。
「六つや難波にこの身沈めて…十や十五の―」〈浄・阿波鳴渡
[補説]書名別項。→はつ姿

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はつすがた【初姿】

初めてその装いをした姿。
新年の着飾った姿。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はつ‐すがた【初姿】

[1] 〘名〙
新年のよそおいをした姿。また、その人。
浮世草子好色一代男(1682)六「四十歳 ながめは初(ハツ)すがた 嶋原初音正月羽織の事」
② 新しいよそおいをした姿。初めてのういういしい姿。また、その人。
浄瑠璃夕霧阿波鳴渡(1712頃)相の山「此身沈めて〈略〉十や十五のはつすがた」
[2] (初すがた) 小説。小杉天外作。明治三三年(一九〇〇)刊。美貌と芸で人気のあった清元の芸人お俊の浮き沈みを描く。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android