初穂料(読み)ハツホリョウ

結婚式・ウェディング用語集の解説

初穂料

初穂料(はつほりょう)とは、神社で挙式するときに、挙式料のかわりとして「神様に奉納する金銭」として納めるお金のことをいいます。初穂料には、神殿使用料の他に、誓詞や神職や巫女への謝礼などが含まれています。結婚式場内の神殿で挙式する場合には初穂料ではなく挙式料といいます。また、神様に捧げる玉串に因んで、「玉串料」「御玉串料」とも呼ばれます。初穂とは、その年に初めて収穫された米のことをいいます。初穂料の起源としては、昔、初穂を最初に神前に捧げることで豊作の恩恵に感謝をする風習がありました。それがやがて農作物や魚類などの初物(はつもの)も、広い意味で初穂として神前に供えるようになりました。これに因んで、初穂は神前に供えるものという意味を持つようになり、神前に納める金銭のことを初穂料と呼ぶようになりました。

出典 ウェディングプリンセス結婚式・ウェディング用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

はつほりょう【初穂料】

神仏に奉納する金銭。また、その金銭を入れる袋に書く上書きの語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初穂料の関連情報