初裏(読み)ショウラ

精選版 日本国語大辞典の解説

しょ‐うら【初裏】

〘名〙 連歌俳諧を書き付ける懐紙の初折(しょおり)の裏。すなわち、二ページ目。百韻形式では一四句、歌仙形式では一二句を書き付ける。
※俳諧・発句題苑集(1799)「魂(たま)かへれ初裏の月のあるじなら〈蕪村〉」

はつ‐うら【初裏】

〘名〙 連歌・連句の初折の裏をいう。歌仙では一二句、百韻・五十韻では一四句書く。しょうら。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android