コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

判賃 はんちん

大辞林 第三版の解説

はんちん【判賃】

江戸時代、奉公人や借家人の保証人となって契約書に判をおした者が、その報酬として受け取る金銭。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報