コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

別府九郎 べっぷ くろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

別府九郎 べっぷ-くろう

1842-? 明治時代の軍人。
天保(てんぽう)13年生まれ。別府晋介の兄。桐野利秋従弟。病により陸軍を辞し,故郷の薩摩(さつま)(鹿児島県)にかえって私学校にはいる。西南戦争がおこると西郷軍の小隊長,中隊長として各地を転戦。鹿児島城山の戦いで負傷して投降した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

別府九郎の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android