コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

別府晋介 べっぷ しんすけ

2件 の用語解説(別府晋介の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

別府晋介 べっぷ-しんすけ

1847-1877 幕末-明治時代の武士,軍人。
弘化(こうか)4年生まれ。別府九郎の弟。桐野利秋の従弟。薩摩(さつま)鹿児島藩士。戊辰(ぼしん)戦争では奥羽地方を転戦。維新後,陸軍少佐となったが,西郷隆盛の下野とともに辞職。西南戦争では西郷軍の六番・七番大隊長として熊本城を攻撃。明治10年9月24日鹿児島城山で西郷を介錯(かいしゃく)したのち戦死。31歳。名は景長。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

別府晋介

没年:明治10.9.24(1877)
生年:弘化4(1847)
西南戦争時の西郷軍先鋒隊長。薩摩国(鹿児島県)出身。諱は景長。桐野利秋の従弟。戊辰戦争で薩摩軍分隊長で東北地方に転戦。明治2(1869)年,薩藩常備隊の小隊長,4年御親兵に大尉任官,次いで陸軍少佐に昇進,5年,西郷隆盛の命により陸軍中佐北村重頼朝鮮半島を軍事偵察,6年の征韓論政変で西郷に従い帰鹿,加治木郷ほか4郷の区長,また私学校の運営に参画。10年,西南戦争に各郷連合大隊長となり先発して熊本城の攻囲戦に奮闘,兵力増強のため一旦帰鹿,その後各地に転戦したが,8月西郷らと可愛岳を突出,鹿児島に帰り,政府軍と最後の奮戦をして西郷を介錯したのち,岩崎谷に自刃。

(福地惇)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

別府晋介の関連キーワード可愛岳池上四郎伊東祐兼江田国通高城七之丞東胤正新納軍八野村忍介淵辺高照別府九郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone