コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

別府晋介 べっぷ しんすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

別府晋介 べっぷ-しんすけ

1847-1877 幕末-明治時代の武士,軍人。
弘化(こうか)4年生まれ。別府九郎の弟。桐野利秋従弟薩摩(さつま)鹿児島藩士。戊辰(ぼしん)戦争では奥羽地方転戦。維新後,陸軍少佐となったが,西郷隆盛の下野とともに辞職。西南戦争では西郷軍の六番・七番大隊長として熊本城を攻撃。明治10年9月24日鹿児島城山で西郷を介錯(かいしゃく)したのち戦死。31歳。名は景長。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

別府晋介

没年:明治10.9.24(1877)
生年:弘化4(1847)
西南戦争時の西郷軍先鋒隊長。薩摩国(鹿児島県)出身。諱は景長。桐野利秋の従弟。戊辰戦争で薩摩軍分隊長で東北地方に転戦。明治2(1869)年,薩藩常備隊の小隊長,4年御親兵に大尉任官,次いで陸軍少佐に昇進,5年,西郷隆盛の命により陸軍中佐北村重頼と朝鮮半島を軍事偵察,6年の征韓論政変で西郷に従い帰鹿,加治木郷ほか4郷の区長,また私学校の運営に参画。10年,西南戦争に各郷連合大隊長となり先発して熊本城の攻囲戦に奮闘,兵力増強のため一旦帰鹿,その後各地に転戦したが,8月西郷らと可愛岳を突出,鹿児島に帰り,政府軍と最後の奮戦をして西郷を介錯したのち,岩崎谷に自刃。

(福地惇)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

別府晋介の関連キーワード明治時代没年

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android