(読み)くり

  • く・る

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (動詞「くる(刳)」の連用形の名詞化) えぐること。また、えぐってある部分。
※密会(1977)〈安部公房〉二「くりの深いブラジャーは赤紫、もっと色白でないと似合わない」
〘他ラ五(四)〙 刃物やその他の道具を使って、まわしながら穴をあける。えぐる。
※蘇悉地羯羅経寛弘五年点(1008)中「其の量二指にして一頭を(クル)
※彼岸過迄(1912)〈夏目漱石〉報告「桐を刳(ク)った手焙(てあぶり)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

刳の関連情報