(読み)くり

  • く・る

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (動詞「くる(刳)」の連用形の名詞化) えぐること。また、えぐってある部分。
※密会(1977)〈安部公房〉二「くりの深いブラジャーは赤紫、もっと色白でないと似合わない」
〘他ラ五(四)〙 刃物やその他の道具を使って、まわしながら穴をあける。えぐる。
※蘇悉地羯羅経寛弘五年点(1008)中「の量二指にして一頭を(クル)
※彼岸過迄(1912)〈夏目漱石〉報告「桐を刳(ク)った手焙(てあぶり)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

刳の関連情報