コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

制限税率 せいげんぜいりつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

制限税率
せいげんぜいりつ

地方税のうち標準税率が定められている税について,これを超過して課税する場合の最高限度の税率をいう。道府県税では道府県民税 (→住民税 ) ,事業税ゴルフ場利用税自動車税 (→自動車関係諸税 ) ,不動産取得税市町村税では市町村民税固定資産税軽自動車税鉱産税木材引取税国民健康保険税について定められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

せいげんぜいりつ【制限税率】

地方自治体などが独自の行政サービス向上や行財政の理由から、地方税法に定める標準税率を上回って課税する場合、超えてはならないとされる上限税率。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

制限税率の関連キーワード自動車税・軽自動車税地方自治体地方税法地方税法人税

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android