コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木材引取税 もくざいひきとりぜい

2件 の用語解説(木材引取税の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木材引取税
もくざいひきとりぜい

かつての市町村税の法定普通税の一つ。立木の伐採後の最初の引取者に対して,素材の山元価格または容積を課税標準として課税されるもの。ただし伐採後長期にわたり引取りが行われない場合には,木材の所有者を引取者とみなして課税する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木材引取税
もくざいひきとりぜい

素材の引取行為と市町村が提供する行政サービスとの受益関係に着目して課された市町村税で、1989年(平成1)4月に消費税導入により廃止された。山林所在市町村では、その区域が広く、行政経費が比較的に割高につく。しかも、このような市町村では、木材の伐採、搬出によって道路や橋梁(きょうりょう)などの施設の損傷を被る場合が多く、また財源も乏しい。木材引取税は、このような山林所在市町村の特別な財政需要を考慮して、素材の引取者に対して課された税であり、89年の廃止まで続いた。[中野博明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone