コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前倉温理 まえくら おんり

1件 の用語解説(前倉温理の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前倉温理 まえくら-おんり

1828-1886 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政11年4月5日生まれ。大和(奈良県)十津川(とつがわ)郷士。文久3年深瀬繁理(ふかせ-しげり)らと京都におもむき,禁裏守衛屯所の会計を担当。慶応3年の高野山挙兵の際には弾薬数万発を製造して密送,翌年鳥羽・伏見の戦いでは奈良を警護した。明治19年12月2日死去。59歳。通称は万吉。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

前倉温理の関連キーワード尊攘伊藤惣兵衛勝野森之介上岡胆治川勝寛治高橋甲之允田中長九郎谷村直三間半二山県与市

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone