前川國男(読み)まえかわくにお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「前川國男」の解説

前川國男
まえかわくにお

[生]1905.5.14. 新潟,新潟
[]1986.6.26. 東京,港
建築家。1928年東京帝国大学卒業後,フランスに渡り,パリル・コルビュジエの建築事務所に勤務。1930年帰国して東京のアントニン・レイモンドの建築事務所に勤め,1935年独立。フラットルーフを基調とした軽快な作風で近代建築運動を推進した。主要作品には神奈川県立音楽堂・図書館(1954),岡山県庁(1955),京都会館(1960),東京文化会館,岡山県総合文化センター(ともに 1961),埼玉会館(1966),埼玉県立博物館(1971),東京海上火災保険会社本社ビル(1973),東京都美術館(1975),熊本県立美術館(1976),山梨県立美術館(1978),宮城県美術館(1981),新潟市美術館(1985)など公共建築が多い。大賞(1968)を含め日本建築学会賞を 7度受賞したほか,日本芸術院賞(1974)など受賞多数。1959~62年日本建築家協会会長。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android