コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前田信輔 まえだしんすけ

1件 の用語解説(前田信輔の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前田信輔
まえだしんすけ

[生]文政4(1821).鹿児島
[没]1901
医師。京都に出て医学を学んだのち,藩主島津斉興に従って江戸に行き,江戸幕府の医官多紀氏に学ぶ。次いで藩命を受けて蘭方医坪井信道に師事したが,嘉永2 (1849) 年長崎に出向き,オランダの医師 O.モーニケに種痘術 (牛痘術) を学んで帰藩,これを領内に行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

前田信輔の関連キーワード鹿児島県鹿児島市鴨池鹿児島県鹿児島市城山鹿児島県鹿児島市草牟田鹿児島県鹿児島市武鹿児島県鹿児島市中央町鹿児島県鹿児島市中町鹿児島県鹿児島市永吉鹿児島県鹿児島市南栄鹿児島県鹿児島市浜町鹿児島県鹿児島市原良

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone