コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前田信輔 まえだしんすけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前田信輔
まえだしんすけ

[生]文政4(1821).鹿児島
[没]1901
医師。京都に出て医学を学んだのち,藩主島津斉興に従って江戸に行き,江戸幕府の医官多紀氏に学ぶ。次いで藩命を受けて蘭方医坪井信道に師事したが,嘉永2 (1849) 年長崎に出向き,オランダの医師 O.モーニケに種痘術 (牛痘術) を学んで帰藩,これを領内に行なった。元治1 (64) 年蛤御門の変に,西郷隆盛に依頼されて戦傷者の救済施設を構え治療にあたったが,当時の外科技術の弱体を痛感,慶応4 (68) 年の鳥羽・伏見の戦いのときには,京都相国寺の薩藩病院にイギリスの医師 W.ウィリスを招いてその指導を受けた。同年御親兵病院の医師となり,官立病院開設を建議,のち警視医学校校長。 1877年西南の役には,戦場に警視病院を開設した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

前田信輔の関連キーワードファナリオテスバイロンマンゾーニギリシア解放戦争バン=ファルケンブルグブロートンヘクトル=チュルデュブロートンボーキサイト

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android