痛感(読み)つうかん

精選版 日本国語大辞典「痛感」の解説

つう‐かん【痛感】

〘名〙 強く心にじること。にしみて深く感じること。
※牛肉と馬鈴薯(1901)〈国木田独歩〉「如何にも不思議なることを(ツウカン)して」 〔晉書‐温嶠伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「痛感」の解説

つう‐かん【痛感】

[名](スル)強く心に感じること。身にしみて感じること。「力量の差を痛感する」
[類語]実感感ずる思うさと感じ取る感得感受感知直感直覚予感ぴんと来る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「痛感」の解説

【痛感】つうかん

切実に感じる。〔晋書、温伝〕(四方の征鎮に移告す)峻、~凶にして、~骨生きながら離る。天地を痛感せしめ、人心齊一にして、咸(ことごと)く皆切齒す。

字通「痛」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android