コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前田利治 まえだ としはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前田利治 まえだ-としはる

1618-1660 江戸時代前期の大名。
元和(げんな)4年8月生まれ。加賀金沢藩前田利常(としつね)の3男。寛永11年松平姓をあたえられる。16年父から7万石を分与され,加賀大聖寺(だいしょうじ)藩主前田家初代となる。鉱山開発や陶工をまねいて九谷焼をおこすなど産業を奨励。財政窮乏のため家臣24名を宗藩にかえした。茶の湯小堀遠州にまなぶ。万治(まんじ)3年4月21日死去。43歳。幼名は宮松丸。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

前田利治

没年:万治3.4.21(1660.5.29)
生年元和4.8(1618)
江戸時代外様大名。加賀国大聖寺藩(加賀市)初代藩主。前田利常の3男。母は徳川秀忠の娘珠姫。寛永16(1639)年加賀国江沼郡と越中国新川郡内7万石を分与され大聖寺に居所を構える。九谷焼を興したり金銀山の開発に意を用いた。

(和泉清司)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

前田利治の関連キーワード大聖寺城建部綾足狩野探幽水野忠恒俵屋宗雪没年

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android