コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前田山英五郎 マエダヤマエイゴロウ

デジタル大辞泉の解説

まえだやま‐えいごろう〔まへだやまエイゴラウ〕【前田山英五郎】

[1914~1971]力士。第39代横綱。愛媛県出身。本名、萩森金松。優勝1回。引退後、年寄高砂(たかさご)。ハワイ巡業の実現など大相撲の国際化につとめ、初の外国人関取高見山を育てた。→第38代横綱照国 →第40代横綱東富士

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前田山英五郎 まえだやま-えいごろう

1914-1971 昭和時代の力士。
大正3年5月4日生まれ。昭和4年初土俵。入幕わずか3場所で大関。9年半大関をつとめ,22年33歳で戦後初の横綱(39代)となる。優勝1回。高砂部屋をつぎ,ハワイ巡業の実現,外国人力士高見山の養成など大相撲の国際化につとめた。昭和46年8月17日死去。57歳。愛媛県出身。本名は萩森金松。年寄名は高砂浦五郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

前田山英五郎の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android