コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

照国万蔵 テルクニマンゾウ

デジタル大辞泉の解説

てるくに‐まんぞう〔‐マンザウ〕【照国万蔵】

[1919~1977]力士。第38代横綱。秋田県出身。本名、大野万蔵。旧姓、菅。昭和17年(1942)当時の最年少記録の23歳で横綱に昇進した。引退後、年寄荒磯を経て伊勢ヶ浜を襲名。→第37代横綱安芸ノ海 →第39代横綱前田山

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

照国万蔵 てるくに-まんぞう

1919-1977 昭和時代の力士。
大正8年1月10日生まれ。伊勢ケ浜部屋に入門し,昭和10年初土俵。17年23歳で38代横綱となり,十両,幕内,大関,横綱の昇進すべてに最年少記録を更新する。優勝2回。28年引退。36年年寄伊勢ケ浜をついだ。昭和52年3月20日死去。58歳。秋田県出身。旧姓は菅。本名は大野万蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

照国万蔵の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android