コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐田岬 さだみさき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐田岬
さだみさき

愛媛県の最西端,佐田岬半島の西端にある岬。速吸瀬戸 (豊予海峡) に面し,近くには岩礁が多い。瀬戸内海国立公園に属する。先端には佐田岬灯台があり,碆 (ばえ) と呼ばれる岩礁や対岸の九州の展望がすばらしい。岬東方の大佐田,佐田は江戸時代の小港で,現在は柑橘類の栽培が行なわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さだ‐みさき【佐田岬】

愛媛県西端の佐田岬半島先端にある岬。黄金碆(ばえ)とよばれる暗礁がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さだみさき【佐田岬】

愛媛県最西端、伊予灘に突出する佐田岬半島の先端にある岬。豊予海峡をへだてて九州の関崎と対する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県〕佐田岬(さだみさき)


愛媛県西部、佐田岬半島西端の岬。四国の最西端にあたり、幅約13kmの速吸瀬戸(はやすいせと)を隔て大分県佐賀関(さがのせき)半島の関(せき)崎を望む。岬周辺は岩礁地帯のうえ潮流が速くて複雑な海の難所。沖合で取れる岬(はな)サバ、岬アジ急潮で身が締まり高級魚。佐田岬灯台がある。瀬戸内海国立公園に属する。海岸美などの景勝に恵まれ、キャンプ場の施設もある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐田岬
さだみさき

四国の北西端に突き出た佐田岬半島突端にある岬。愛媛県西宇和郡伊方(いかた)町に属し、中央構造線が豊予(ほうよ)海峡に没する地点である。豊予海峡を隔てて九州の関崎(せきざき)と相対する。古生代三波川(さんばがわ)系結晶片岩からなる断層崖(がい)、海食崖が特有の荒磯(あらいそ)海岸をつくり、瀬戸内海国立公園に含まれる。岬には佐田岬灯台があり、第二次世界大戦中に建造の軍事要塞(ようさい)、サザエ・アワビ・イセエビなどの蓄養池、強風により変形したウバメガシなどが散策路で結ばれ、対岸の九州や岬先端の黄金碆(おうごんばえ)などの岩礁の展望もすばらしい。なお豊予海峡は急潮流で海の難所であり、参勤交代のときも宇和島藩主は大佐田浦で下船し、山越えをして二名津(ふたなづ)で乗船し、舟だけが岬を迂回(うかい)した。[深石一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

佐田岬の関連キーワード愛媛県西宇和郡伊方町正野愛媛県西宇和郡伊方町三崎(愛媛県)瀬戸(愛媛県)前田山 英五郎愛媛県八幡浜市八幡浜[市]伊方発電所瀬戸[町]三崎[町]保内[町]保内〈町〉三崎〈町〉瀬戸〈町〉伊方(町)佐賀関半島伊方[町]八幡浜市伊方原発石鎚山脈

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐田岬の関連情報