コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐田岬 さだみさき

5件 の用語解説(佐田岬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐田岬
さだみさき

愛媛県の最西端,佐田岬半島の西端にある岬。速吸瀬戸 (豊予海峡) に面し,近くには岩礁が多い。瀬戸内海国立公園に属する。先端には佐田岬灯台があり,碆 (ばえ) と呼ばれる岩礁や対岸の九州の展望がすばらしい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さだ‐みさき【佐田岬】

愛媛県西端の佐田岬半島先端にある岬。黄金碆(ばえ)とよばれる暗礁がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さだみさき【佐田岬】

愛媛県最西端、伊予灘に突出する佐田岬半島の先端にある岬。豊予海峡をへだてて九州の関崎と対する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県〕佐田岬(さだみさき)


愛媛県西部、佐田岬半島西端の岬。四国の最西端にあたり、幅約13kmの速吸瀬戸(はやすいせと)を隔て大分県佐賀関(さがのせき)半島の関(せき)崎を望む。岬周辺は岩礁地帯のうえ潮流が速くて複雑な海の難所。沖合で取れる岬(はな)サバ、岬アジは急潮で身が締まり高級魚。佐田岬灯台がある。瀬戸内海国立公園に属する。海岸美などの景勝に恵まれ、キャンプ場の施設もある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐田岬
さだみさき

四国の北西端に突き出た佐田岬半島突端にある岬。愛媛県西宇和郡伊方(いかた)町に属し、中央構造線が豊予(ほうよ)海峡に没する地点である。豊予海峡を隔てて九州の関崎(せきざき)と相対する。古生代三波川(さんばがわ)系結晶片岩からなる断層崖(がい)、海食崖が特有の荒磯(あらいそ)海岸をつくり、瀬戸内海国立公園に含まれる。岬には佐田岬灯台があり、第二次世界大戦中に建造の軍事要塞(ようさい)、サザエ・アワビ・イセエビなどの蓄養池、強風により変形したウバメガシなどが散策路で結ばれ、対岸の九州や岬先端の黄金碆(おうごんばえ)などの岩礁の展望もすばらしい。なお豊予海峡は急潮流で海の難所であり、参勤交代のときも宇和島藩主は大佐田浦で下船し、山越えをして二名津(ふたなづ)で乗船し、舟だけが岬を迂回(うかい)した。[深石一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐田岬の関連キーワード佐田岬半島伊方伊方発電所佐田岬灯台伊方[町]瀬戸〈町〉愛媛県西宇和郡伊方町愛媛県西宇和郡伊方町佐田愛媛県西宇和郡伊方町正野三崎〈町〉

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐田岬の関連情報