コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前田留吉 まえだ とめきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前田留吉 まえだ-とめきち

1840-? 幕末-明治時代の実業家。
天保(てんぽう)11年生まれ。横浜でオランダ人搾乳法と牧畜をまなび,文久3年武蔵(むさし)太田村(神奈川県)に日本人としてはじめて搾乳所をひらく。明治7年アメリカの牛乳業界を視察,10年東京神田猿楽町で洋牛を飼育し,牛乳店を開業した。上総(かずさ)(千葉県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の前田留吉の言及

【乳業】より

…江戸時代の末期には,乳牛を飼育し搾乳し外国人に牛乳を売っていた。なかでも牛乳の市販に大きな貢献をしたのは前田留吉である。彼は千葉の人で1861年(文久1),横浜のオランダ人のところで搾乳技術を習い,63年に独立し牛乳搾乳所を開いた。…

※「前田留吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

前田留吉の関連キーワード明治時代実業家酪農天保

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android