コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

割賦基準 かっぷきじゅんinstallment basis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

割賦基準
かっぷきじゅん
installment basis

割賦販売基準ともいう。割賦販売に特有の収益計上基準。収益の計上は本来,販売基準によるのが原則であるが,修正前の企業会計原則では割賦販売については,その販売の特殊性から回収基準によることを原則としていた。このため回収基準が割賦基準といわれた。しかし修正後の企業会計原則では割賦販売についても販売基準を原則とし,回収基準 (割賦金の入金日) と回収期限到来基準 (割賦金の回収期限到来の日) も容認されるようになった。なお法人税法 62条は権利確定主義の見地から回収期限到来基準を割賦基準としている (法人税法施行令 119) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android