コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劉仁軌 りゅう じんき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

劉仁軌 りゅう-じんき

602-685 唐(中国)の武将。
仁寿2年生まれ。663年水軍をひきいて白村江の戦いで倭国(わこく)(日本)の百済(くだら)(朝鮮)救援軍をやぶり,とどまって帯方刺史(しし)(長官)となる。665年新羅(しらぎ)(朝鮮)・百済・耽羅(とむら)(朝鮮)・倭国の使者をともない帰国した。嗣聖2年死去。84歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

劉仁軌の関連キーワード白村江の戦い(はくそんこうのたたかい)

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android