コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加圧調理 かあつちょうり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加圧調理
かあつちょうり

食材に高い圧力を加える調理方法。圧力鍋を使ったり,加圧容器を電子レンジで加熱するもの。鍋や容器の内部の圧力を高めると沸点が上昇し,より高温での調理が可能になるため,炊飯煮込み料理などの調理時間が短縮される。これは燃料費の節約にもつながる。冷凍食品の解凍再加熱にも優れる。このほか業務用に 4000~5000気圧で殺菌加工処理したものを高圧加工食品といい,レトルト食品のほか,ジャム,ハム・ソーセージ,フライドチキン練製品などがある。加熱調理に比べて味と香りがよく保たれ,栄養価もそこなわれない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

加圧調理の関連キーワード加圧釜

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加圧調理の関連情報