コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加山雄三 かやまゆうぞう

3件 の用語解説(加山雄三の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

加山雄三【かやまゆうぞう】

俳優。本名池端直亮。神奈川県生れ。父は俳優の上原謙。1960年慶応大を卒業し,東宝入社。アクションドラマ《男対男》(1960年)でデビュー岡本喜八監督《独立愚連隊西へ》(1960年)で主演。
→関連項目岩谷時子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加山雄三 かやま-ゆうぞう

1937- 昭和後期-平成時代の俳優。
昭和12年4月11日生まれ。上原謙・小桜葉子の長男。東宝にはいり,昭和35年「男対男」で映画デビュー。36年からの「若大将」シリーズで人気スターとなり,「椿三十郎」「赤ひげ」などに出演。弾厚作の名で作曲した「君といつまでも」「お嫁においで」などをヒットさせ,歌手としても活躍。平成23年毎日芸術賞特別賞。同年「若大将50年! アリーナコンサート」などで芸術選奨文部科学大臣賞。神奈川県出身。慶大卒。本名は池端直亮。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

タレントデータバンクの解説

加山 雄三


芸名
加山 雄三

性別
男性

生年月日
1937/04/11

星座
おひつじ座

干支
丑年

血液型
A

出身地
神奈川県

デビュー年
1960

職種
タレント・俳優・女優/音楽

プロフィール
1937年4月11日神奈川県生。慶應義塾大学法学部卒業後、'60年東宝入社。「男対男」で映画デビュー。'61年、映画『大学の若大将』に主演し、大人気となった「若大将シリーズ」がスタート。黒澤明監督の『椿三十郎』『赤ひげ』にも出演。歌手としては'65年に「君といつまでも」が大ヒット。以後も『お嫁においで』など数々のヒット曲を世に送り出す。幼少より作曲を始め、弾厚作のペンネームで、ロックポップスからクラシックまで幅広いジャンルの楽曲を創作し続けている。芸能生活45周年においてはニューヨーク・カーネギーホールでのコンサート、また50周年には東名阪アリーナコンサートツアーを実施し、2014年には若大将EXPOと題して、77歳にして日本武道館公演最年長記録を更新した。THE King ALL STARSとしての活動も注目され、全国のロックフェスにも参戦している。音楽活動の他に、59歳から油絵を始め、陶芸や漆器などの作品を精力的に創作。レギュラー番組「若大将のゆうゆう散歩」で散歩人としても親しみやすいキャラクターで好評を博し、77歳を越えた現在も現役で活躍し続けています。

デビュー作
映画「男対男」

代表作品
映画『若大将シリーズ』 / レコード『君といつまでも』(1965) / CDアルバム『若大将EXPO~夢に向かって いま~ 加山雄三 LIVE in 日本武道館』(2014)

出典|株式会社タレントデータバンク
タレントデータバンクについて | 情報

世界大百科事典内の加山雄三の言及

【活劇映画】より

やくざ映画
[活劇の隆盛]
 1950年代から60年代にかけては活劇が隆盛となり,各社で数多くの活劇スターが生まれた。東宝では《暗黒街》シリーズ(1950‐60)の三船敏郎と鶴田浩二,青春スポーツ活劇《若大将》シリーズ(1961‐71)の加山雄三,《国際秘密警察》シリーズ(1963‐66)の三橋達也,《独立愚連隊》シリーズ(1960‐63)の佐藤允。大映では《悪名》(1961‐69),《兵隊やくざ》(1965‐68)両シリーズの勝新太郎,《陸軍中野学校》シリーズ(1966‐68)や《ある殺し屋》(1967)の市川雷蔵,《黒の試走車》(1962),《宿無し犬》(1964)の田宮二郎。…

※「加山雄三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加山雄三の関連情報