コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩谷時子 イワタニトキコ

3件 の用語解説(岩谷時子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いわたに‐ときこ〔いはたに‐〕【岩谷時子】

[1916~2013]作詞家。朝鮮の生まれ。本名、トキ子。「愛の讃歌」など、シャンソンの訳詩を手がけた後、歌謡曲の作詞家として多くのヒット曲を生んだ。代表作は「恋のバカンス」「君といつまでも」「男の子女の子」など。また、「レ・ミゼラブル」などミュージカルの訳詩も多く手がけた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

岩谷時子【いわたにときこ】

作詞家,詩人,翻訳家。本名岩谷トキ子。植民地時代の韓国ソウル生まれる。5歳の時に兵庫県西宮市に移住。西宮市立西宮高等女学校を経て,神戸女学院大学部英文科を卒業。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩谷時子 いわたに-ときこ

1916-2013 昭和後期-平成時代の作詞家,翻訳家。
大正5年3月28日朝鮮京城生まれ。昭和14年宝塚歌劇団出版部に入社。26年越路吹雪と共に東宝へ移籍,のち越路のマネージャーとなる。「愛の讃歌」「ラストダンスは私に」の訳詞のほか「恋の季節」「お嫁においで」「男の子女の子」などの作詞をした。平成21年作詞家としてはじめて文化功労者となる。平成25年10月25日死去。97歳。神戸女学院大卒。本名はトキ子。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

岩谷時子の関連キーワード天田昭次大薗卓鈴木鷹夫辰沼広吉辻隆野崎貢山下和夫河野道代山田宗徧(3)金井務

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩谷時子の関連情報