コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加納久宜 かのう ひさよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加納久宜 かのう-ひさよし

1848-1919 幕末-大正時代の大名,官僚。
嘉永(かえい)元年3月19日生まれ。加納久恒(ひさつね)の養子となり,慶応3年上総(かずさ)(千葉県)一宮(いちのみや)藩主加納家4代。維新後,新潟師範校長などをつとめ,明治14年判事に転じ,大審院検事,鹿児島県知事を歴任。貴族院議員帝国農会初代会長。大正8年3月2日死去。72歳。江戸出身。本姓は立花。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

加納久宜

没年:大正8.3.2(1919)
生年:嘉永1.3(1848)
明治期の農事改良を指導した農会育成者。江戸本所に生まれたが,慶応3(1867)年上総国(千葉県)一宮藩主加納久徴の養子となり,その後遠江守となった。明治新政府となってからは,文部省属,新潟師範学校長などを歴任し,明治14(1881)年以降は司法畑を歩み,判事検事などを勤めた。大審院検事ののち,子爵,貴族院議員となり,27年鹿児島県知事就任後は農事改良に手を染めた。各地に農会を育成すべく農会準則を公布し,全国農事会幹事長を経て,43年帝国農会初代会長に就任し,農事改良に先鞭をつけた。<参考文献>栗原百寿『人物農業団体史』,『近世日本興業偉人伝』8巻

(笠原英彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

加納久宜の関連キーワード冨田 甚平冨田甚平栗原百寿加納久朗研究会

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加納久宜の関連情報