コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤十千 かとう じっせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤十千 かとう-じっせん

1699-1778 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)12年6月8日生まれ。植田艮背(ごんはい)の門にはいり,のち京都で正親町公通(おおぎまち-きんみち)に神道をまなぶ。元文3年(1738)安芸(あき)広島藩の儒員となり,のち江戸藩邸で世子の侍講をつとめた。安永7年閏7月7日死去。80歳。安芸出身。名は友徳。字(あざな)は好謙。通称は孫三。別号に豈苟(がいこう)。著作に「範卜疏解」「有貫二記」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

加藤十千 (かとうじっせん)

生年月日:1699年6月8日
江戸時代中期の安芸広島藩士;儒学者
1778年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

加藤十千の関連キーワード生年月日香川将監金子楽山加藤定斎

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android