コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤十千 かとう じっせん

1件 の用語解説(加藤十千の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤十千 かとう-じっせん

1699-1778 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)12年6月8日生まれ。植田艮背(ごんはい)の門にはいり,のち京都で正親町公通(おおぎまち-きんみち)に神道をまなぶ。元文3年(1738)安芸(あき)広島藩の儒員となり,のち江戸藩邸で世子の侍講をつとめた。安永7年閏7月7日死去。80歳。安芸出身。名は友徳。字(あざな)は好謙。通称は孫三。別号に豈苟(がいこう)。著作に「範卜疏解」「有貫二記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

加藤十千の関連キーワード新井宣卿入江正雄植村棋園鹿島探春竹内長水滕元鳳二階堂慎叟西野桂皐丹羽雲気原雲沢

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone