コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤梅崖 かとう ばいがい

1件 の用語解説(加藤梅崖の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤梅崖 かとう-ばいがい

1783-1845 江戸時代後期の儒者。
天明3年生まれ。加藤蘭睡の子。讃岐(さぬき)(香川県)丸亀藩士。渡辺柳斎にまなび,のち江戸にでて尾藤二洲,古賀精里に師事し,昌平黌(しょうへいこう)の舎長に任じられる。江戸藩邸学問所教授などをへて天保(てんぽう)6年世子の守役となった。弘化(こうか)2年10月27日死去。63歳。名は穀。字(あざな)は士戩。通称は俊治。別号に俊翁。著作に「捜芳録」「巡封陽秋」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加藤梅崖の関連キーワード天明の飢饉桂川甫三木室卯雲真如海唐来参和ボリーバル鎌原村遺跡児童文学森田勘弥佐藤藤右衛門

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone