コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤梅崖 かとう ばいがい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤梅崖 かとう-ばいがい

1783-1845 江戸時代後期の儒者。
天明3年生まれ。加藤蘭睡の子。讃岐(さぬき)(香川県)丸亀藩士。渡辺柳斎にまなび,のち江戸にでて尾藤二洲,古賀精里に師事し,昌平黌(しょうへいこう)の舎長に任じられる。江戸藩邸学問所教授などをへて天保(てんぽう)6年世子の守役となった。弘化(こうか)2年10月27日死去。63歳。名は穀。字(あざな)は士戩。通称は俊治。別号に俊翁。著作に「捜芳録」「巡封陽秋」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加藤梅崖の関連キーワード儒者

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android