コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤泰興 かとう やすおき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤泰興 かとう-やすおき

1611-1678* 江戸時代前期の大名。
慶長16年生まれ。加藤貞泰の長男。元和(げんな)9年(1623)伊予(いよ)(愛媛県)大洲(おおず)藩主加藤家2代となり,弟直泰に1万石をわける。藩制の確立につとめ,延宝2年隠退。備中(びっちゅう)足守(あしもり)藩主木下利当(としまさ)に心流槍術(そうじゅつ)を,盤珪永琢(ばんけい-ようたく)に禅をまなんで文武の道にすぐれた。延宝5年閏(うるう)12月16日死去。67歳。号は月窓

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加藤泰興の関連キーワード大洲和紙坂口忠興

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android