コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤泰興 かとう やすおき

1件 の用語解説(加藤泰興の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤泰興 かとう-やすおき

1611-1678* 江戸時代前期の大名。
慶長16年生まれ。加藤貞泰の長男。元和(げんな)9年(1623)伊予(いよ)(愛媛県)大洲(おおず)藩主加藤家2代となり,弟直泰に1万石をわける。藩制の確立につとめ,延宝2年隠退。備中(びっちゅう)足守(あしもり)藩主木下利当(としまさ)に心流槍術(そうじゅつ)を,盤珪永琢(ばんけい-ようたく)に禅をまなんで文武の道にすぐれた。延宝5年閏(うるう)12月16日死去。67歳。号は月窓。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加藤泰興の関連キーワード光の科学史由良国繁後水尾天皇草梁倭館と日本人居留地放課後等デイサービス男性の1人世帯和蘭呉三桂浄真寺天路歴程

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone