コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労瘵/癆瘵 ロウサイ

デジタル大辞泉の解説

ろう‐さい〔ラウ‐〕【労×瘵/××瘵】

漢方で、肺浸潤肺結核のこと。
「陰性気鬱(きうつ)となりて―がかりの独り言」〈露伴・新浦島〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の労瘵/癆瘵の言及

【結核】より

…いかなる国においても,結核が急増するのは社会経済が農村型から工業型に移行していく転換期であり,そのピークが過ぎ,繁栄が広まるにつれ,その死亡率は低下する。 結核は日本でも古くから知られた病気で,肺結核は江戸時代には労瘵(ろうさい),労咳(ろうがい)などと呼ばれ,身近なものであった。しかし結核が一挙に猛威をふるうのは明治後半から大正・昭和初期,つまり日本の産業革命期あるいは資本主義成立期と一致する。…

※「労瘵/癆瘵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

労瘵/癆瘵の関連キーワード労咳・癆痎労瘵気質

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android