勅諭(読み)チョクユ

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょく‐ゆ【勅諭】

〘名〙
① 天子のさとし。天皇みずから下した告諭で、訓示的意味をもつもの。旧憲法下の軍人勅諭など。
※読史余論(1712)三「信長の兵威を以てこれを亡す事叶ず、終に勅諭を得て事平ぐ」
② 勅書。詔書。
※言継卿記‐天文六年(1537)正月一九日「左兵衛佐と祐阿み御勅諭かき候」 〔漢書‐東平王宇〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報