コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勅語 チョクゴ

百科事典マイペディアの解説

勅語【ちょくご】

旧憲法(大日本帝国憲法)下で,口頭で行われる天皇の意思表示。補佐機関の補佐を要せず,一般に宣布する場合も国務大臣の副署は不要。天皇の署名や捺印(なついん)がないのが通例だが,公式令(1907年)制定以前の教育勅語(1890年)には署名・捺印がある。
→関連項目詔書

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょくご【勅語】

口頭による天皇のことば。ただし,大日本帝国憲法時代の議会開院式語のように文書化されたものもある。天皇の署名や捺印がないのが通例だが,公式令制定前の1890年に出された教育勅語はこれらをもつ。勅語は法律的性質をもたないのが原則であるが,教育勅語は,天皇の単なる私的道徳訓にとどまらず,教育一般の基本方針とされたので,実際には法的な効力をもっていた。なお,現在の国会開会式での天皇の発言は〈おことば〉と呼ばれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょくご【勅語】

天子の言葉。みことのり。
旧憲法下、天皇が直接に国民に下賜するという形で発した意思表示。教育勅語など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

勅語の関連キーワード内村鑑三不敬事件一旦緩急あればウィルクス事件山県有朋内閣開院式と勅語不磨の大典国定教科書教育基本法安宅安五郎元田永孚国民道徳六諭衍義軍人勅諭内村鑑三幼学綱要柏木義円教学聖旨奉安殿井上毅御言葉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勅語の関連情報