勇足(読み)いさみあし

精選版 日本国語大辞典の解説

いさみ‐あし【勇足】

〘名〙
① 相撲で、相手を土俵際に追いつめながら、勢いあまって自分から土俵の外へ足を踏み出すこと。
② 物事を行なう場合、調子にのりすぎて目的をはずれたり、仕損じたりすること。
※大菩薩峠(1913‐41)〈中里介山〉如法闇夜の巻「米友はその提灯を突き出しながら〈略〉ムク犬のあとを監視するやうに跟(つ)いて行きました。これは何方(どっち)も前のやうに勇(イサ)み足(アシ)ではありません」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android