コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土俵際 ドヒョウギワ

デジタル大辞泉の解説

どひょう‐ぎわ〔ドヘウぎは〕【土俵際】

相撲の土俵上で内外の境界となる俵のそば。境界線は俵の外線。「土俵際でうっちゃる」
物事が決着する瀬戸際。土壇場。「交渉は今が土俵際だ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どひょうぎわ【土俵際】

土俵の、たわらを連ねた内と外との境界。 「 -でうっちゃる」
物事がどうなるかがいま決まるという間際。もうあとがない、ぎりぎりの所。瀬戸際。土壇場。 「 -に立たされる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

土俵際の関連キーワード推し立てる・推立てる・押し立てる・押立てる吊る・釣る・攣る・痙る突き落とす・突き落す打っ遣る・打っ棄る寄り倒す・寄倒す堪える・怺える踏み堪える浴びせ倒し残る・遺るうっちゃりしぶとい中島陽子踏ん張る寄り切り打っ遣り打合う勇み足突戻す土壇場死に体

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土俵際の関連情報