コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何方 イズカタ

デジタル大辞泉の解説

いず‐かた〔いづ‐〕【何方】

[代]
不定称の指示代名詞。
㋐どちら。どこ。
「―に求め行かむ」〈伊勢・二一〉
㋑どれ。いずれ。
「―をも捨てじと心にとりもちては、一事も成るべからず」〈徒然・一八八〉
不定称の人代名詞。どなた。どちらさま。
「男も女も、―も、ただ同じ御心のうちに」〈堤・思はぬ方にとまりする少将

いず‐ち〔いづ‐〕【方】

[代]不定称の指示代名詞。どっち。どこ。
「たらちしの母が目見ずておほほしく―向きてか我(あ)が別るらむ」〈・八八七〉

ど‐ち【方】

[代]《「いづち」の音変化》不定称の指示代名詞。どっち。どちら。
「皆々―へおぢゃる」〈虎明狂・悪坊〉

どち‐ら【方】

[代]
不定称の指示代名詞。
㋐不明または不特定の方向・場所をさす。「何方へおいでですか」「お住まいは何方ですか」
㋑複数の中から一つだけを、限定しないまま、取り立ててさす。「何方がお好きですか」「何方とも言えません」「私には何方も必要です」
不定称の人代名詞。
㋐(多く「どちらさま」の形で)不明または不特定の人をさす。「失礼ですが、何方さまですか」「何方さまもお忘れ物のないように願います」
㋑複数の中から一人だけを、限定しないまま、取り立ててさす。「何方がお姉様ですか」「テニスをなさるのは何方ですか」「何方も存じ上げません」

どっ‐ち【方】

[代]《「どち」の促音添加》
不定称の指示代名詞。「どちら」よりもややくだけた感じの語。
㋐「どちら1㋐」に同じ。「交番は何方ですか」
㋑「どちら1㋑」に同じ。「何方でもいい方を買ってやるよ」
不定称の人代名詞。「どちら2㋑」に同じ。「何方が年上ですか」

ど‐な‐た【方】

[代]
不定称の人代名詞。「だれ」の意の尊敬語。「あの方は何方ですか」「何方かおいででしょうか」
不定称の指示代名詞。どの方向。どちら。
「―へ参らうずると」〈虎明狂・東西迷〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いずかた【何方】

( 代 )
不定称の指示代名詞。どちらの方向。どちら。 「立て並べつる車ども、所なく並みゐつる人も、-へか行きつらん/徒然 137
不定称の人代名詞。どなた。 「かかればとて、-も思ひのおろかに忘るる隙こそ有がたけれど/浜松中納言 4

いずち【何方】

( 代 )
不定称の指示代名詞。どちらの方角。どちらの場所。どっち。どこ。 「たらちしの母が目見ずておほほしく-向きてか我が別るらむ/万葉集 887」 〔上代・中古には、「へ」や「に」を伴わずに副詞的にも用いた〕

どち【何方】

( 代 )
〔「いづち」の転〕
不定称の指示代名詞。
不特定の場所、方角などを示す。どちら。どっち。 「人体なべて-つかずなれば、正体なき風体になる事あり/拾玉得花」
複数、特に二つのものの中から、限定しないままそのうちの一つを取り立てて指し示す。どちら。 「御内とは、-が少く、-が長じたぞと云心なり/史記抄 5

どちら【何方】

( 代 )
不定称の指示代名詞。「どっち」より丁寧な言い方。
不特定の方向・場所などを指し示す。 「西は-ですか」 「 -へお出かけですか」 「 -にお住まいですか」 「お勤めは-ですか」
複数、特に二つのものの中から何か一つを選ぶとき、限定しないままそのうちの一つを取り立てて指す。 「コーヒーと紅茶と-になさいますか」 「 -でも結構です」
不定称の人代名詞。
(多く「どちらさま」の形で)どなたさま。「だれ」より敬意が高い。 「 -さまでいらっしゃいますか」 「 -さまももう少しお待ち下さい」
を人について用いる。どのかた。 「 -がお兄さんですか」 〔 で、その中から何か一つまたは一人を選ぶことが困難なときは、助詞「も」を添えた「どちらも」の形で、複数のものを一括して指し示す。「-もいりません」「-も優秀な生徒です」〕
[句項目]

どっち【何方】

( 代 )
〔「どち」の転〕
不定称の指示代名詞。
「どちら」のくだけた言い方。 「 -へ行ってもよさそうだ」
「どちら」のくだけた言い方。 「京都と大阪の-に住もうか」 「 -でもいい」
不定称の人代名詞。「どちら」のくだけた言い方。 「 -が姉で-が妹かわからない」

どなた【何方】

( 代 )
不定称の人代名詞。「だれ」の意の尊敬語。 「お客様は-ですか」 「あの方は-様でしょう」
不定称の指示代名詞。不特定の方向を指す。どの方角。どちら。 「こりゃ、-から御ざりました/狂言記・吟聟」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

何方の関連キーワード何方へ転んでも宇都宮国綱何方付かず何とした見えぬ国特殊関数不定称離縁状高師直何方道中直し万葉集少将御内偏頗今日師家男す身請

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

何方の関連情報