動物性鞭毛虫類(読み)どうぶつせいべんもうちゅうるい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

動物性鞭毛虫類
どうぶつせいべんもうちゅうるい

原生動物の肉質鞭毛虫門鞭毛虫亜門の一綱Zoomastigophoreaを構成する単細胞生物群。無色鞭毛虫類ともいう。色素体を欠き、すべて従属栄養で、1個から多数の鞭毛をもつが、アメーバ期のある種もある。一般に鞭毛とその付属器官がよく発達し、三連微小管で構成され鞭毛基部にある基底小体(キネトソーム)、基底小体に近接し、棒状、楕円(だえん)形などさまざまな形態に分化したゴルジ装置の一種である副基体、細胞体と鞭毛との間に形成された波動膜、基底小体から発し波動膜に沿って後方に走る繊維状のコスタ、微小管を素材とする背骨状の軸桿(かん)などをもつものがある。とくにこれら付属器官と核とが一組となった装置を核鞭毛系といい、これがいくつか組み合わさって一個体を形成している種もある。基底小体に近接するミトコンドリアの膨隆部で核とは異なるk‐DNAを含有したものがキネトプラストで、これはキネトプラスト目Kinetoplastidaに特有の構造である。
 本綱は八目に分類されるが、ボドBodo、トリマスティクスTrimastix、テトラミツスTetramitusなど比較的少数の自由生活種以外は寄生性である。とくにリーシュマニア症の病原体リーシュマニアLeishmaniaと、睡眠病やシャーガス病をおこさせるトリパノソーマTrypanosomaは鞭毛虫性熱帯病の代表で、泌尿生殖系に炎症をおこすトリコモナスTrichomonasとともに医学上重要である。そのほか、実験動物、家畜、ペットなどに病害を与える近似種も多い。きわめて多数の鞭毛と副基体からなる鞭毛系のみられる超鞭毛目Hypermastigidaは、ゴキブリとシロアリの消化管に寄生または共生し、とくにトリコニンファTrichonymphaは有名である。[石井圭一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の動物性鞭毛虫類の言及

【原生動物】より

…(1)鞭毛虫綱Flagellata この門の中でもっとも原始的な群で,1本かそれ以上の鞭毛をもっていて,運動に役だてる。鞭毛虫は植物性鞭毛虫類と動物性鞭毛虫類とに二大別される。前者にはミドリムシ,オオヒゲマワリ,ツノオビムシヤコウチュウなどが含まれ,淡水や海水中で生活する。…

【鞭毛虫】より

…核は通常1個。 鞭毛虫類は植物性鞭毛虫類Phytomastigophoraと動物性鞭毛虫類Zoomastigophoraとに大別される。植物性鞭毛虫類はふつう緑色のクロロフィルをもつが,カロチンやキサントフィルその他の色素を含むものもあって,独立栄養を営む。…

※「動物性鞭毛虫類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android