コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動物記 ドウブツキ

デジタル大辞泉の解説

どうぶつき【動物記】

シートン著作集。「私の知っている野生動物たち」(1898)、「大灰色グマの伝記」(1900)などがあり、精密な観察、すぐれた物語性により、動物文学の代表とされる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

動物記【どうぶつき】

シートンの作品,《私が知っている野生動物》(1898年),《灰色熊の伝記》(1900年),《狩られるものの生涯》(1901年)などの動物物語。日本では〈シートン動物記〉と総称される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

どうぶつき【動物記】

動物の生態を観察・記録し、読み物としてまとめたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

動物記
どうぶつき

アメリカの動物文学作家シートンの著作集。最初のまとまった著作である『私の知っている野生動物』Wild Animals I Have Known(1898)以後、『大灰色グマの伝記』The Biography of a Grizzly(1900)、『動物の英雄たち』Animal Heroes(1905)など、およそ30編が選ばれている。いずれの作品も深い博物学の知識に裏づけられているが、単なる生活記録ではなく、個性をもった野生動物をかなり擬人化して描いている点に特色がある。また多くの主人公は悲劇的結末を迎えるが、これは著者の動物に対する愛情と自然保護の念が表現されていると考えられる。動物文学としてはファーブルの『昆虫記』と並び、日本では翻訳も多い。[八杉貞雄]
『内山賢次訳『動物記』全九冊(角川文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

動物記の関連キーワードジョセフ・イレール・ピエール ベロックジャーナ アングイッソラ博物誌(書物)馬上 義太郎牧野 四子吉犬飼 哲夫酒井 伝六今西 錦司カンガルーディズニー永田 洋平白柳 美彦栂野理紗子宮地伝三郎竹田津実田中光常河合雅雄寺村輝夫イノシシ藤原英司

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

動物記の関連情報