コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勘蔵 かんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勘蔵 かんぞう

?-? 江戸時代後期の陶工。
享和-文化(1801-18)のころ近江(おうみ)(滋賀県)信楽(しがらき)焼の窯から因幡(いなば)(鳥取県)久能寺窯(因久山焼とも)にうつり,息子の勘(官)助とともに製法をつたえ,本格的な製陶に従事した。名は官蔵ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

勘蔵の関連キーワード吉田三郎兵衛(初代)富士田吉次(初代)今藤長十郎(2世)市川 右太衛門近世邦楽年表三千歳伊三郎竹本三郎兵衛岩井松三郎9月10日夏祭浪花鑑高野辰之木村喜之本居春庭黒木享和陶工鷹取

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勘蔵の関連情報