コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝剛長柔 しょうごう ちょうじゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝剛長柔 しょうごう-ちょうじゅう

?-1457* 室町時代の僧。
臨済(りんざい)宗。伝宗長派に師事し,その法をつぐ。山城(京都府)普門寺をへて京都東福寺の住持となる。のち郷里の石見(いわみ)(島根県)崇観寺にうつった。康正(こうしょう)2年12月13日死去。著作に「梅野的聞」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

勝剛長柔の関連キーワード室町時代季弘大叔臨済

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android