コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝村蠖斎 かつむら かくさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝村蠖斎 かつむら-かくさい

1793-1855 江戸時代後期の儒者。
寛政5年生まれ。加賀金沢の人。大坂の中井履軒(りけん),越智(おち)高洲,ついで江戸の増島蘭園(らんえん)に師事。文政元年陸奥(むつ)仙台にいき,東山や気仙沼でもおしえる。東山出身の仙台藩儒蘆東山(あし-とうざん)の再来といわれた。安政2年5月15日死去。63歳。名は師軻。字(あざな)は志尹。通称は静吉。別号に石水隠史。著作に「江居三十律」「南柯睡余」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

勝村蠖斎の関連キーワード上田秋成ジャコバン憲法バンデーの反乱函館港遠山景元新渡戸伝遠山金四郎遠山金四郎アジソン千葉周作

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone