コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝田鹿谷 かつだ ろっこく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝田鹿谷 かつだ-ろっこく

1777-1849 江戸時代後期の儒者。
安永6年生まれ。江戸で井上四明にまなぶ。文政9年信濃(しなの)(長野県)高島藩藩校長善館訓導となり,のち教授にすすんだ。天保(てんぽう)年間凶作がつづいたため藩に社倉法を建議し,倉に粟を貯蔵させて飢饉(ききん)への備えとした。嘉永(かえい)2年10月1日死去。73歳。讃岐(さぬき)(香川県)出身。名は済。字(あざな)は寧卿。通称は九一郎。著作に「逸史徴考」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

勝田鹿谷の関連キーワード加藤美樹小糸佐七物沼波弄山山路諧孝サノゼセザンヌのアトリエジェームズKポーク勢力富五郎三井八郎次郎火成