コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝虞 しょうぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝虞 しょうぐ

732-811 奈良-平安時代前期の僧。
天平(てんぴょう)4年生まれ。法相(ほっそう)宗。行基(ぎょうき),尊応に師事し,元興(がんごう)寺で修行。延暦(えんりゃく)25年大僧都(だいそうず)。弟子に護命(ごみょう),守印らがいる。弘仁(こうにん)2年6月6日死去。80歳。阿波(あわ)(徳島県)出身。俗姓は凡(おおし)。法名は別に勝悟(しょうご)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

勝虞

没年:弘仁2.6.6(811.6.29)
生年:天平4(732)
平安初期の法相宗の僧。勝悟ともいう。阿波国(徳島県)の人。俗姓は凡直氏。尊応,神叡に師事。護命,慈宝,泰演,守印ら元興寺法相宗の学僧を育成。律師,大僧都の僧綱の任を勤め,僧や尼をよく統率した。<参考文献>薗田香融『平安仏教の研究』

(岡野浩二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

勝虞の関連キーワード仲継

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android