コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝虞(読み)しょうぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝虞 しょうぐ

732-811 奈良-平安時代前期の僧。
天平(てんぴょう)4年生まれ。法相(ほっそう)宗。行基(ぎょうき),尊応に師事し,元興(がんごう)寺で修行。延暦(えんりゃく)25年大僧都(だいそうず)。弟子に護命(ごみょう),守印らがいる。弘仁(こうにん)2年6月6日死去。80歳。阿波(あわ)(徳島県)出身。俗姓は凡(おおし)。法名は別に勝悟(しょうご)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

勝虞

没年:弘仁2.6.6(811.6.29)
生年:天平4(732)
平安初期の法相宗の僧。勝悟ともいう。阿波国(徳島県)の人。俗姓は凡直氏。尊応,神叡に師事。護命,慈宝,泰演,守印ら元興寺法相宗の学僧を育成。律師,大僧都の僧綱の任を勤め,僧や尼をよく統率した。<参考文献>薗田香融『平安仏教の研究』

(岡野浩二)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android